メニュー

院長ブログ

爪白癬の治療 ―いわゆる爪水虫―(2005.10.25更新)
爪白癬は爪に白癬菌(皮膚糸状菌)というカビの一種が寄生して起こる病気です。白癬菌は皮膚や爪を作っているケラチン組織に寄生します。白癬菌が寄生して病変を起こした部位によって頭部白癬(しらくも)、体部白癬… ▼続きを読む

頭じらみの話(2005.10.24更新)
頭じらみは人の毛髪(頭、まれに睫毛や眉毛)に寄生して、人から人へうつる昆虫です。最近では保育所、幼稚園、小学校など集団生活の場で発生します。【虫と卵】 成虫は大きさ2-4mmの白色から灰褐色をした虫… ▼続きを読む

しみの話I -ハイドロキノンによる治療―(2005.10.23更新)
しみの外用治療としてハイドロキノンは最強の美白剤です。ハイドロキノンはメラニン色素産生酵素のチロジナーゼ活性をおさえる働きがあり、外用美白剤の中では最も効き目が期待できます。 しみとは後天的に限局的… ▼続きを読む

ヘアダイ皮膚炎とヘナ(2005.10.19更新)
 ヘアダイ(白髪染め、ヘアカラーを含む)の後、頭皮や顔、耳が赤くなったり、水疱や丘疹(ブツブツ)が出ることがあります。症状の強い人では浸出液(皮膚からにじみ出る液)が出て痒くてたまらなくなります。これ… ▼続きを読む

水いぼ(伝染性軟属腫)について(2005.10.17更新)
ウイルス性の皮膚感染症で、主に幼少児が罹患し、水のような光沢がある円形やドーム状のいぼができます。通常、数週間から数年で自然に治る病気です。 【感染経路】 1.直接接触 2.タオルや物を介して間接… ▼続きを読む

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME