メニュー

爪白癬

いわゆる爪水虫です。

白癬菌が爪の中に感染して、爪の肥厚や変形がおこる病気です。ひどくなると、足の親指がぶ厚くなって、巻き爪やひょう疽などを合併し、高齢者では歩きにくくなる方もいます。

顕微鏡で菌を確認した後で、内服治療と外用治療があります。

内服治療は血液検査で副作用が出ないか注意しながら行います。

外用治療は軽症の方や内服できない方に使います。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME